二次会景品の目玉を悩みました

会社の同期が同期同士結婚することになりました。


同期みんなで披露宴、二次会に参加することになりました。
披露宴では、同期みんなで2人の出会いから結婚までのショートストーリーの劇をしました。
そして、二次会は、同期で幹事を任されました。


私は、受付と二次会のゲームの内容と二次会景品を選ぶ担当になりました。

二次会のゲームは、定番ですが、ビンゴにしました。

こちらの目玉の二次会景品のことならお任せください。

ただ、普通のビンゴだと面白くないので、私たちの会社は食品会社で自社製品の商品名のビンゴにしました。

ガジェット通信情報は信頼性が高く、好評です。

そして、悩んだのが二次会景品です。
目玉となるものが1つか2つは欲しかったので会費との兼ね合いもあり、電卓を弾きながら景品の数と金額を決めていきました。
そして、一緒に二次会景品を考えていた同期から目玉と笑いも必要だろうと言うことで、目玉は、定番ですがもらって嬉しいテーマパークのペアチケットにしました。


そして、笑いは、新郎が大学時代にバンドを組んでいて、その時に歌っていた曲をCDにしたものにしました。



もう1つは、当たって良かったと思わせてがっかりするものにしました。

それは、タブレットと見せかけてタブレットの保護シートにしました。
また、景品の数を増やすために、広告も兼ねて自社製品をたくさん出すことにしました。
二次会当日は、新郎新婦がお祭り好きなので大変盛り上がりました。

そして、ゲームも盛り上がり、みんな何らかの景品はもらって帰れるようにしたので好評でした。